障害年金等相談

下線

精神障害・発達障害のために…

  • 金銭的に生活が苦しい
  • 働いても生活が楽にならない
  • 将来が心配
  • けど、周りに迷惑をかけたくない

あなたはどうですか?

あなたの家族や周りにいる人はどうですか?

頼っていいのです。

苦しみとはサヨナラ。

家族、友人、役所、なんでも頼れるものは頼りましょう。使えるものは使いましょう。

それは何も悪いことではありません。

手っ取り早いのは、公的なもの(障害年金、障害者手帳、自立支援等)です。

今まで納めてきた保険料や税金を還元してもらうだけですので、罪悪感にかられる必要はありません。

「申請」という形で、こちらからアクションを起こさないといけません。自然にはもらえないのです。

しかし、障害を持っているものとしては、自ら調べて、手続するのは厳しいと思います。

サポートする人も必要です。

公的支援、手続きの相談をお受けいたします。

ネット完結

相談はメール(ウェブサイトのフォーム記入)のみです。

不安障害等があり外出が難しい、または対面での相談が厳しい方はぜひご利用ください。相談の予約は不要です。

24時間受付

ウェブサイト経由ですので、24時間、いつでもご相談が可能です。

なお、ご返信はおおむね翌営業日中とさせていただきます。

匿名性

メールアドレスだけの登録ですので、匿名で相談できます。

なお、料金支払時には実名の入力を求められますが、あくまで決済用ですので、このサイトではその情報を保持できません。

障害年金以外の相談

障害年金以外にも、障害者の方の困りごとに役立つ公的サービスのご紹介、サポートもあわせて行います。

担当者

年金アドバイザーの有資格者が担当します。

担当者が途中で変わることは原則としてありません。

また、IT業界に通算20年いるため、IT業界の障害年金相談は特に安心してお任せください。

年金申請の代行・代筆・提出は、法律上社労士・弁護士にしかできませんので、このサービスではできません。

専門家の紹介はできません。選び方のサポートはできますが。

その場での回答はできません。ウェブという特性上、ご回答までに時間がかかります。

1つの相談につき、1回目は3,000円、2回目以降は1,000円となります。(いずれも税別)

ケース1

Aについてお客様が相談、担当者より返答、その内容についてお客様が再質問、担当者より返答、その内容についてお客様が再質問、担当者より返答・・・

という場合、3,000円+1,000円×2となります。

ケース2

Aについてお客様が相談、担当者より返答、全く別のBについてお客様が相談、担当者より返答・・・

という場合、3,000円×2となります。

Aさん(会社員、30歳代男性独身、一人暮らし)

[Q] うつ病を発症して休職、一人では身の回りのことが自分ではできなくなり、実家に帰って療養することにした。このままでは解雇すると会社からは言われていて、また、医療費がかかり家族に迷惑をかけている。当面の資金が欲しい、復帰は早くしたい、けれども復帰して、また再発したら今度こそ食べていけなくなる。そのためにも長期間補填されるお金が必要。どうすればよいか。

[A] まず、健康保険に加入している会社であれば、休職中、傷病手当金というものが申請すれば支給されます。給与(税引き前)の約2/3が支給されます。それで当面はしのげると思います。ただ、これは1年半のみ支給されるものですので、それ以降も生活資金が必要でしたら障害年金の申請をすべきです。きちっと申請すれば、Aさんのような状態であれば支給されると思われます。支給されない(落ちた)場合もひっくり返す方法はあり・・・

些細なことでも構いません、ご相談お待ちしております。


お問い合わせ・ご相談はこちらから

ご記入いただいたメールアドレスは回答にのみ使用いたします。

Copyright (C) ColorfulRing All right Reserved.